5万円を出して学んだ、効率がよく簡単な勉強法とは?

何かを得たいと思った時、
あなたはどうやって勉強していますか?

今回は、効率のいい勉強の仕方について
私が以前参加した、
参加費5万円の勉強合宿の経験から話していきます。

 

まず勉強の仕方としてテキストを買ったり、
セミナーを聞きに行ったり、
授業を受けたりと、手法は様々だと思います。

 

ただ、勉強をした後
それを説明できるようになっていますか?

小学生でもわかるように、
かみ砕いて説明できるようになっていますか?ということです。

 

5万円の勉強合宿で学んだことはこれにつきます。

 

話せるようになるためには、まずは徹底的にパクります。
本の内容を100%言えるようになるまでパクります。

TTPです。(TてっていTてきにPぱくる)

セミナーもです。
明日同じセミナーやって!
って言われたらできるようにしておく。

そういわれたら見る部分、学ぶ部分相当多くなりますよね。
説明しないといけないから、
わからないところはなくさないといけないし、
質問にも答えられるようにならないといけない。
話す内容はもちろん、レベルが上がったら
話し方までパクれるようになります。
(私はまだまだですが…)

 

一番自分が理解できる方法って、
説明できるようになることなんですよね。

私は依然塾講師をしていたんですが、
教える立場になって本当に多くのことを
学びました。

アウトプットしようとして初めて、
自分がどこをわかっていなかったか気づきますし、
アウトプットすればするほど
別のことにつながっていって
新しいことを学べるんです。
だから、情報を開示する人ほど
情報が集まってくる仕組みになっているんです。

 

考えてみれば当然です。
何もくれない人には何もあげる気には
ならないと思いますし、
あげたらそのお返しに、感謝の気持ちとして
別の何かを提供しようと思うのが人間の思考回路なのです。

 

だからお金持ちにはさらに情報が集まって、
何もわからない人はそのまま。

GIVE&TAKEで、あなたはGIVEしてますか?
TAKEだけもらうクレクレ人間になっていませんか?
という話でした。

それではまた!

☆はる☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です