格安SIM、SIMフリーって何?スマホ販売員だった私が徹底解説!

—–

皆さんはスマホ、どこの会社のものを使っていますか?

私は最近はやりの「SIMフリー端末」のものを使っています!

私も最初はわかりませんでしたが、
ソフトバンクさんでスマホやタブレット販売をしていた経験もあるので
その知識も盛り込みながら話していきますね!

ーーーーーー

不思議と目に入ってくることが多い「SIMフリー端末」。
でもこれって実際何なの?
そして、SIMフリー端末にするとどんないいことがあるの?
今回はこのSIMフリーの疑問を解説していきます!

まず、SIMフリー端末とは
何を隠そう
SIMカードのロックが解除された端末」のこと!

おお、名前のままですね…笑

格安SIMを単独で契約して、
「白ロム」といわれる端末(スマホのこと)を
自分で手に入れることは
経験の浅い人には大変なので、心配な人は
格安SIMが付いている格安スマホ
簡単でいいと思います。

ハイスピードで格安SIMが広まった今日、
タブレットにしてもSIMを取り付けて
思う存分楽しみたいというベテランの方も多いはずです。

そんな人におすすめすると
満足してもらえるSIMフリータブレットを
伝授させていただきます。

SIMフリーという言葉が世間に浸透するにつれて、
MVNOという言葉も頻繁に目にするようになりましたね。

この言葉の意味、わかりますか?

MVNOとは、仮想移動体通信事業者の略です。

??

要するに、格安SIMを扱っている会社やブランドのことです。

格安SIMの流通を拡大させた会社たちですね~。

「mineo」、「楽天モバイル」、「UQ mobile」
「LINEモバイル」、「IIJmio」、「DMMモバイル」
「BIGLOBE SIM」、「OCNモバイルONE」…

みなさんも電車の広告とかCMで見たことありますよね?
これらがMVNOです。

SIMカードは、ETCカードみたいな役割をします。

有料道路等を走行していても、
現金の支払いが要求されませんよね?
別のクルマのETCに
入れても使用することができます。

これと同じように一家で格安SIMも使い回せます。
ですが、1契約あたりのSIMカードの枚数を確認しないといけません。

既定容量の範囲内なら
複数のSIMカードでシェアすることができますから、
家族みんなでの利用などにもってこいです。

今は格安SIMは沢山のプランが選べますが、
パケット通信が割と少ないライトユーザーに
焦点を当てたプランが最も充実していて
その多くが通信容量と通信速度に制限があります。

SIMフリースマホは、電話番号が留められた
「SIMカード」と言われているICチップを
セッティングしなければ、
電話ができないので
「携帯電話機」として
何の役目もしない端末機材になります。

各携帯電話通信会社ともに
他社のスマホを使っている人を取り込もうと
元々契約しているユーザーの機種変更のケースよりも、
他社からMNP(電話番号そのままで他キャリアに乗り換えること)で
乗り換えてくれるユーザーを
特別扱いしているので、
他社のスマホを使っている人向けに多数のキャンペーンを提示しています。

なので、一概に格安スマホといっても
プランを比較すると会社ごとで月毎の利用料は
結構違ってきますね。

なので格安スマホにする際は
HPなどで料金やプランを確認してから変えましょう!

MVNOの比較は別記事に→

また、大手キャリアというと
端末(スマホなど)と通信をセットで勧めることがほとんどで
大体の人は、その状態のまま契約することが
当たり前になっています。

なのでMVNOに乗り換えるような時は、
買い方の手順が異なることに驚くことでしょう。
格安SIMと言っているのは、
利用料金が安い通信サービス、
それか、利用する時に使うSIMカード自体を指します。

場合によって意味が違うということですね。

SIMカードについては
電話として使える音声通話対応SIMと
データ通信専用SIMの2つがあります。

また、SIMフリー端末の長所は、
低価格だけではありませんよ!

海外旅行先でも、
その国でプリペイド式SIMカードを買い求めることができたら、
自分自身のモバイル端末をいつも通り利用できるのです!!
これは私にとってはすごく魅力的でした!
…使いませんでしたが笑
ですが、海外でもSIMカードを差し替えれば使えるというのは、
相当な安心感がありました!

海外に行けばどこに行っても
プリペイドSIMカードがたくさんありますし、
海外では結構ポピュラーなんです。

最初は安いモデルが流行っていた
MVNO専用のSIMフリー端末ですが、
近頃は安くはない端末を選ぶ人が多くなり、
システム的にイラつくことは少なくなりました。
性能も上がってきてますしね。

また、「白ロム」という言葉は、
電話番号がまだ未登録の携帯電話機のことを指す
専門用語だったそうですね。

それとは反対に、
電話番号が入力されている携帯電話機のことを
「黒ロム」と言います。

知っておいて損はないかもしれないですね。

長くなってしまったので、続きはまた明日!

—–

☆はる☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です